MENU

脱毛サロンやクリニックの途中解約やクーリングオフ、トラブル、乗り換えについて徹底解説

画像脱毛サロンや脱毛クリニックに通い始めるととそれなりの期間が必要になります。脱毛コース自体は5〜6回くらいが相場になりますが、短くても1ヶ月おき、相場は2〜3ヶ月おきに脱毛施術を受けることになるため、早くても半年、長いと年単位で通い続けることになります。

 

そこで気になるのが途中解約です。脱毛効果を実感できなかったり、お店が気に入らなかったり、転勤や妊娠などで途中解約したくなることも出てくるでしょう。

 

もしかすると「なんとなく面倒だから通っていない」という人もいるかもしれません。回数を残したまま通わなくなると、それはとてももったいない!例えば1回1万円の脱毛を3回残したまま通わなくなると…3万円分無駄になってしまいます。しかし途中解約すれば残った回数分のお金が返ってくるかもしれません。

 

そこでここでは脱毛サロン・クリニックでの途中解約に関する情報をまとめました。

 

ボタン

ボタン

 

脱毛サロン・クリニックの解約手続きは2種類!

脱毛サロン・クリニックの解約方法には以下の2種類が用意されています。状況に応じてどちらを使うのか判断しましょう。

 
無条件で全額返金されるクーリングオフ

契約後8日以内なら無条件で解約ができ、契約金額を全額返金してもらえる制度です。法律で決められている解約方法なので、脱毛サロン・クリニック側が拒否することは不可能。ただ、クーリングオフで解約するには以下の条件をクリアしている必要があります。

 

  • 契約から8日以内
  • 契約期間が1ヶ月以上
  • 契約金額が5万円以上

 

脱毛サロン・クリニックのコースのほとんどは複数回のプランで、金額も5万円を超えることが多いので、契約から8日以内ならほぼ適応可能と考えて大丈夫だと思います。

 

クーリングオフの仕方

クーリングオフの条件を満たしていることを確認できたら、手続きのための書類を作成しましょう。書類といってもハガキを郵送するだけで、以下のポイントを記載していればOK。

 

  • 解約したい旨
  • 契約年月日、商品名(コース名)、サロン・クリニック名
  • 返金先の口座番号
  • 氏名、住所

 

【例】
契約解除通知書
次の契約を特定商取引に関する法律等に基づき、全て解除しますので通知致します。

 

契約年月日:平成○○年○○月○○日
商品:○○脱毛プラン
販売会社:○○脱毛サロン

 

平成○○年○○月○○日
○○県○○市○○町○○(住所)
山田花子(氏名)

 

郵便局窓口から特定記録郵便or簡易書留で郵送しよう

画像

上記したクーリングオフの書面を参考にハガキを作成したら郵便局窓口から特定記録郵便or簡易書留で郵送しましょう。

 

ポストに投函しても大丈夫だと思いますが、特定記録郵便or簡易書留なら投函日時が記録されるので安心です。

 

もしも後で「投函日がクーリングオフ期間(8日間)を超えているので受理しかねます」と言われてしまったら少々面倒なことになってしまいます。

 

念のため両面コピーを!

クーリングオフのためのハガキは念のため、両面コピーして保管しておきましょう。また特定記録郵便、簡易書留受領証はクーリングオフが適応されるまで取っておくべきです。

 

クーリングオフ期間の数え方

法定書面(契約書)を受け取った日から計算し始めます。例えば4月1日に脱毛サロン・クリニックで契約したとすれば、4月8日がクーリングオフ期間となります。

 

これを1日でも過ぎてしまうとクーリングオフの効力を失ってしまうので注意しましょう。

 
 
手数料(解約損料)が発生する途中解約

脱毛サロン・クリニックで契約してから8日経過後はクーリングオフが適応されなくなります。この場合は通常の解約手続きを行うことに。

 

返金

通常手続きを行うとコースの残額分が返金されるようになっています。例えば10回10万円のコースを利用していて、残り5回で途中解約すれば5万円が戻ってくる…といったイメージ。ただし、返金額から各種手数料が差し引かれた金額が実際の返金額になるので注意しておきましょう。

 

手数料(解約損料)

現金、クレジットカードでの支払い契約をしているなら途中解約時に手数料(解約損料)が発生します。現在の手数料上限額は契約残額の10%までと決められています。なお上限額は2万円まで

 

例えば、残り10万円分のコース残額があって途中解約すると、残額の10%にあたる1万円の手数料が発生します。

 

残り100万円分のコース残額の場合は10%が10万円ですが、解約手数料上限額が2万円までなので2万円が適応される形になります。

 

クレジットカードだとクレジット手数料が発生することも

画像

脱毛サロン・クリニックの支払いをクレジットカードにしているときは、解約手数料に加えてクレジット手数料が発生します。なので、実際に手元に戻ってくるお金は…

 

コース残額-解約手数料-クレジット手数料=返金額

となります。

 

クレジット手数料は各クレジットカード会社によって異なるので一概にいくらになるとは言えませんが、そこまで極端な金額にはならないのが普通です。

 

途中解約でのトラブルや揉め事は結構多い!?

クーリングオフは法的に決められたことなのでそこまで揉め事やトラブルには発展しません。しかし途中解約の場合、各脱毛サロン・クリニックのルールも加わってくるのでトラブルに発展することもしばしば。

 

原因としては契約内容が分かりにくい、あるいは契約者が十分把握できないことに起因しています。

 

大手の脱毛サロン・クリニックだと比較的揉め事が少ないようですが、名前も知らない中小・個人経営のサロンだと理不尽な条件を突きつけられるケースもあるようです。

 

ボタン

ボタン

 

途中解約のトラブル事例

10回10万円の脱毛コースを契約しました。しかしスタッフの態度が悪く、通い続けるモチベーションがなくなったので3回消化した時点で解約手続き。

 

契約書に「支払額(1回の料金×利用回数)から違約金を差し引いた金額を返金」と記載されていました。残り7回分の代金だから、違約金を差し引いたとしても6万円くらいは返ってくると考えていました。しかし実際には返金に応じてすらもらえませんでした。

 

サロンの言い分は「キャンペーンの特別価格だから、通常価格に換算すると3回の施術で元がとれている。だから精算金が発生しないので返金しようがない」とのこと。

 

解約で通常価格換算にするとは一言も言われませんでしたし、契約書にも書かれていませんでした。

 

契約書に書かれていることが全て!

上記した事例のように、お店側が有利になる言い分がまかり通って、結局返金されないケースが最も多いトラブル・揉め事だと言えます。

 

しかし、上記のケースで言えば契約書に記載されていなかったのなら返金に応じなければならないことになります。

 

ああだこうだと理由をつけても、契約書に書かれていないのなら言い分は通じません。もしもこういったケースに巻き込まれたら、すぐに消費者センターに相談するのがベストです。

 

契約書全てに目を通し、ちゃんと理解するのは大変かもしれませんが、万が一に備えて途中解約に関する部分だけでも把握しておくべきかもしれませんね。

脱毛サロン・クリニックの乗り換えを検討してみよう!

画像

せっかく脱毛サロンや脱毛クリニックに通っていたけれど、色々な事情があって辞めることにした…。ではもったいないかもしれません。

 

例えば今通っているところが嫌だとしても、他のサロンやクリニックだと気持ちよく通えるかもしれません。また途中まで脱毛していたのなら、中途半端に済ませるのはやっぱりもったいない!

 

乗り換えキャンペーンを実施しているところをチェック

現在大手・中小・個人を含めて日本全国にたくさんの脱毛サロン・クリニックが存在しています。そして少しでも多くのユーザーを獲得するために他サロン・クリニックからの乗り換えキャンペーンを実施しているところが増えてきました。

 

例えば脱毛サロンならキレイモが乗り換えキャンペーンでコース料金から最大5万円の割引を行っています。脱毛クリニックなら湘南美容外科が乗り換え専用1回格安トライアルコースを用意。

 

このように、大手脱毛サロン・クリニックを中心にお得な乗り換え割を提供していることが増えているので是非活用を検討してみましょう!

 

もちろんサロン→クリニック、クリニック→サロンと乗り換えられることがほとんどです。念のため確認することをオススメします。

画像

KIREIMO(キレイモ)

画像

安く脱毛ができる!と評判の脱毛サロン。入念なヒアリングを元に、最適な提案・サポートを実施するためトラブルが極端に少なく、安心して通える脱毛サロンを検討している人にオススメ。口コミや体験談を見ても脱毛効果の高さ、そして仕上がりの美しさ(肌の仕上がりなど)も高く評価されています。公式サイト

 

湘南美容外科クリニック

画像

脱毛サロンからの乗り換え割引、他クリニックからの乗り換えなど、実に様々なキャンペーンを用意している珍しい脱毛クリニックです。目的に合わせたキャンペーンを選ぶことができれば、脱毛サロンよりもずっと安い値段で医療レーザー脱毛が受けられるチャンス!定期的にキャンペーンが打ち出されるのでベストなものが出てくる機会をうかがうものもありだと思います。公式サイト

 

終わりに

「これから脱毛サロンに通うぞー!」という方にとっては気分を下げる内容だったかもしれませんが、長期的に通うことになること、金額が決して安いわけではないことを考えると、途中解約やクーリングオフについて知っておくべきだと思います。

 

最近だと従来の回数制のコースではなく、その都度払いを採用している脱毛サロンやクリニックも増えてきているので、解約手数料などが気になる人はこちらをチェックしてみるのも良いかもしれません。

 

ただ、月額制・その都度払いを謳い文句に、実質は分割払いになっているだけのところもあるので、このあたりもきちんと確認しておく必要はあると思います。

 

いずれにせよ、多少面倒でも契約書はきちんと目を通しておくこと。その場のノリや勢いで契約してしまったとしても、契約から8日以内ならクーリングオフで無条件で契約解除&全額返金が受けられることを覚えておけばひとまず安心です。

脱毛サロンの解約方法をチェック

 

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

 

脱毛クリニックの解約方法をチェック

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

 

更新履歴